« ゴルフ場での準備 | メイン | ゴルフの基礎知識 »

プレー中のルールとマナー


1番ホールには、遅くてもスタートの10分前には集合しておきましょう。
まず、キャディさんがクラブの本数を確認して、プレイヤー同士はそれぞれが使用するボールを確認します。
同じボールを使用している人がいたら、誤打を防ぐために違うボールに代えるか、何かマークをつけておきましょう。
最初のホールでは、オナー(はじめに打つプレイヤー)も決めなくてはなりません。
方法はクジ、コイン、何でもOKです。
2ホール目以降は、前ホールで最少打数だったプレイヤーがオナーになります。

同伴者以外にも、前の組、後続とプレイヤーがいますから、仲間内で騒いだり、大声をあげたりするのはマナー違反です。
ティーグラウンドには打者だけが立つことを許されます。
打者とは十分に距離をとり、視界に入らないように注意してください。
集中力を妨げるような行為は厳禁です。
喋ったり、写真のシャッターを押したり、他のプレイヤーのアドレス中に素振りをしたり、たとえ仲間内でもそうした行為は避けてください。
もし他のプレイヤーがアドレスに入ったことに気付いていないときは、注意を喚起してください。
同伴者にはボールの行方を確認する義務もありますから、自分以外のプレイヤーの動作を見守るのもマナーです。

プレイ中に声を出すのは厳禁ですが、ミスショットをしたときには「フォアー!」と叫びます。
これは、曲がったボールが隣のオールにいるプレイヤーに当たらないようにと、注意を促す言葉です。
もし隣のホールからこの声が聞こえてきたら、こちらにボールが飛んできていないか注意しましょう。

About

2010年12月14日 13:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ゴルフ場での準備」です。

次の投稿は「ゴルフの基礎知識」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35