« プレー中のルールとマナー | メイン | ゴルフの予備知識 »

ゴルフの基礎知識

「プレー中はお静かに」、これはゴルフの常識ですが、ショットの後にはプレイヤー同士で声を掛け合いましょう。
いいショットの際には「ナイスショット」、ボールがグリーンにパーオンしたら「ナイスオン」、ボールがバンカーから出たら「ナイスアウト」といった具合です。
声を掛け合うだけで、プレーが楽しくなってくるものです。
もちろんスコアを競う合うのも楽しいですが、基本的には各個人が気持ちよくプレーできるような雰囲気作りを心がけてください。

ゴルフ場をまわっていると、自分以外のプレイヤーがどんな攻め方をしているのか、気になるものですよね。
上手いの人のプレーを見ることは、上達のきっかけになるので積極的に学んでいきましょう。
ただし、どのクラブを使ったのか、何番のアイアンで打ったのか、他のプレイヤーに聞くことはルール違反とされています。
コンペなどではペナルティの対象になることもあるので注意しましょう。

ゴルフをすうる上で一番大切なマナー、それは「スロープレー」をしないことです。
9ホール2時間程度を目安にプレーするように心がけてください。
極端な遅延行為はペナルティの対象となります。
後続のプレイヤーや同伴者のリズムを乱すことにもなるので、てきぱきとした動作を心がけてください。
特にゴルフ初心者は、素振りを何回もしたり、失くしたボールを長時間探し続けたりしないように気をつけましょう。
プレーが遅れてきたなと感じたら、小走りで移動するくらいの心がけは必要です。

About

2010年12月14日 13:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「プレー中のルールとマナー 」です。

次の投稿は「ゴルフの予備知識」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35