« ゴルフの基礎知識 | メイン | ゴルフのトラブル対処法 »

ゴルフの予備知識

残り100ヤード前後のショットでは、クラブ選択が重要になります。
悩んだ結果、当初の予定とは異なるクラブで打つ場合もあるでしょう。
その際、いちいちカートまでクラブを取りに戻ると、相応の時間をロスしてしまいます。
プレーの遅延を防ぐためにも、ショット地点にはあらかじめ2~3本候補のクラブを持ち運びましょう。

ゴルフに慣れてくるまでは、しばしば予想外の場所へボールが飛んでいきます。
当然、ボールをロストすることも多いので、ポケットには常に予備のボールを入れて持ち運ぶとよいでしょう。
時おり、予備のボールを打ち尽くして他のプレイヤーから譲り受けている光景を目にします。
ボールは、少し多めにバッグの中に入れておくことをおすすめします。

アプローチに入る際は、次のパッティングのことを考えてパターも持ち歩きましょう。
カートはグリーン奥に止まっていることが多いので、取りに戻る時間を短縮できます。
もしも同伴者のプレーが停滞しているようであれば、そのプレイヤーのクラブも一緒に持ち運ぶくらいの気配りを見せましょう。

誰かのボールが林や草むらの中に入ってしまった場合は、キャディさんも含めて同伴者全員で探すことになります。
もしもの場合に備えて、ボールの行方はしっかりと確認しておきましょう。
同伴者は審判としての役目も兼ねていますから、自分のプレーばかりでなく、他者のプレーもしっかり確認しなくてはなりません。
トラブルが生じて対処の方法が分からないときは、独断で行動するのではなく、キャディさんやクラブハウスに確認を取ってください。

About

2010年12月14日 13:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ゴルフの基礎知識」です。

次の投稿は「ゴルフのトラブル対処法」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35